長く働けるような快適な職場を選ぼう

美容師になりたいと思う人は多くいますが、美容師として働くには職場が肝心です。
なぜなら明治、昭和時代から比べ現在は大きく変わっているにも関わらず、美容の労働基準法は明治、昭和時代の仕事を基準に考えられています。
大晦日に朝まで髪を結ったり芸者に合わせて時間外で施術する事がベースにあるので、美容業は残業、休日出勤に対するハッキリとした労働基準法がないのです。
その為かつての美容業は営業時間外に練習、休日に講習、忙しかったら休憩なし等、仕事とプライベートの時間が曖昧になっていました。
現代はそうした働き方ではよくないとして、しっかりとプライベートの時間を確保してくれるサロンが増えています。
美容業は頭を使いながらの立ち仕事なので、身体に不調があると仕事に支障がでます。
その為しっかりと休んで体をいたわる事が出来るサロンで働く事が、長く働くには大切なのです。
また、福利厚生に関しては、厚生年金に加入していないサロンが沢山あります。
少人数サロンの場合法律違反ではないですが、老後の事を考えると厚生年金に加入しているサロンを選ぶと良いでしょう。
では、沢山ある中のサロンから働きやすいサロンをどう選べば良いかと言うと、一度見習い体験として短期間アルバイトさせてもらえば良いのです。
職場を体験する事で外から見た時には気づかない、良い所や悪い所が分かる上、スタッフの素顔が分かります。
仕事外であまりにも疲れきっていたり愚痴が多いスタッフがいるサロンは避け、皆がやりがいを持って楽しく働いているサロンを選ぶと働きやすいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です